2011年01月02日

原発性胆汁性肝硬変は死ぬ病気か?

私の知り合いのお母さんが原発性胆汁性肝硬変と診断されたそうです。

ネットで色々検索したところ、
この病気は中高年女性に多く、
原因もはっきり分からない難病で、
肝臓内に胆汁が停滞することによっておこる病気ということが分かりました。

現在そのお母さんは病院での再検診を待っているところですが、
特に痒み、黄疸などの症状も無く普通に生活をしていますが、

しかし、
あるサイトには余命5年と書かれてあったり、
他の病気も併発すれば死に至る場合もあるとか、

また別のサイトでは、
症状の無い人は肝硬変まで病気が進行しないと書かれてあったり、
どうも書いてあることが一貫してない為
混乱します。

本当のところどうなんだろう?
再度調べたり聞いたりした結果
次のようなことがわかりました。

この原発性胆汁性肝硬変は現在の医療水準では、
肝障害に基づく病状が出てくるということ。

たとえば、
皮膚掻痒感、黄疸、食道静脈瘤、腹水、肝性脳症などです。

肝臓疾患は多くの場合、
無症状です。

痒み、黄疸などの症状がでれば、肝硬変の状態であり、
末期の症状と思った方がいいそうで、
やはり定期的な受診や検査が必要だということですが、

現在はまだ原発性胆汁性肝硬変を止める抜本的な解決策も
見つかってみないということで、
近い将来何らかの症状を併発し、
やがては死に至るケースも高い確率で起こりえるかもしれません。

もし、
この原発性胆汁性肝硬変から、
死に至る場合にはどういったケースがあるかというと、

肝硬変から肝不全になるか、
肝硬変から肝臓癌が発生するかが多いし、
食道静脈瘤が破裂することもあるそうです。

難病センターのまとめだと、
「全く症状のない方の約70%、

また痒みだけで黄疸の出ていない方の約80%は、
10年以上病状が進行せず経過します。」とあり、

3割近い方は症状がでたり進行したりということで、
B型肝炎では推定10%前後、
C型肝炎では推定25%前後に
肝臓がんを発症することと比べると

あなたはこの3割を高いと見るか、
低いと見るべきかは悩むと思いますが、

私は低くないだろうと思います。

治療法は色々あるようですが、
原発性胆汁性肝硬変は肝移植のよい適応疾患みたいです。
 
日本では、
欧米と異なって脳死肝移植はまだ少数で、
生体部分肝移植が行われることが多くなっています。

米国のピッツバーグ大学における脳死肝移植の成績では、
原発性胆汁性肝硬変を含む胆汁うっ滞性肝硬変は、

適切な移植時期を選択することによって
移植後の5年生存率は70%を超えています。

移植時期を決定するための予後予測モデルが開発されていますが、
病期の進んだ患者さんでは移植後の生存率は低くなっているそうです。

早く米国並みに日本もなるといいのですが・・・


原発性胆汁性肝硬変にはこんな本が参考になるようです。

原発性胆汁性肝硬変(PBC)の診療ガイド

原発性胆汁性肝硬変

肝疾患研究の新しい展開(vol.4)
posted by midoru at 16:31| Comment(11) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

肝臓がん病状の初期病状は?

あなたが、
1週間前に健康診断(血液検査)を受けて
2日前に結果が届きGOP.GPT.RーGPTとも正常値でしたが、

先日友人が、肝臓ガンであることがわかり、
私も肝臓ガンの初期症状にそっくりな気がして不安になりました。

血液検査の値には、
出ずに初期の肝臓ガンということはあるのでしょうか?


あなたも現代社会に生きていますので少なからず
ストレスを抱えていますね。

一般によく言われるような症状だけでいえば、
大部分の人は癌の項目に当てはまり、
そして鬱病の項目に当てはまると思います。

自信の健康に関心を持つことは重要ですが、
生兵法はけがのもとです。

ちなみに初期の癌というものは症状が出ないこともありますし、
検査データにでないこともあります。
肝臓がんも例外ではありません。

症状にでたときには末期癌ということもありますし、
一般的な肝機能の血液検査では異常がないが、
超音波検査をすると癌が見つかったという人もいます。

あなたもご存知のように
肝臓は「沈黙の臓器」と言われて初期症状は分かりにくいです。
症状が出るころには病気が進行してることが多いです。

肝臓がん症状の初期病状といえば、
食欲不振、だるさなどでしょうか?

そして、
黄疸(顔色・目の白いところが黄色くなる)などがあると
早めに病院へ行かないといけません。

普通は肝臓がんの病状は、

C型、B型肝炎→肝硬変→肝臓がん。

または、アルコールの多飲者→肝硬変→肝臓がん。

およそ9割が肝硬変を経て発症する病気です。

肝臓がんは特殊で初期の癌というものは
症状が出ないこともありますし、
検査データに出ないこともあります。

肝臓がんも例外ではありません。
症状に出たときには末期癌ということもありますし、

一般的な肝機能の血液検査では異常がないが、
超音波検査をすると癌が見つかったという人もいます。

ところで、
あなたは肝臓は悪くなると痛みが出ると思いますか?

これは、
よほど悪化すれば痛くなります。
肝臓そのものではなくて、
腫れたりするのでその周りの臓器が痛くなったりするみたいですが、

激痛です。

肝臓は「沈黙の臓器」ですから、
自覚症状が出てからは遅いかも・・・

肝臓は余り痛みを伴わない臓器で化学工場みたいなものですので
気をつけましょうね。

私も肝臓を以前悪くしましたが、
右の背部が重くなるが先に来ます。

アルコールは肝臓に負担になりますから飲みすぎに
注意しないと肝炎になります。

検査はやはりした方が良いですよ!

私も不養生できつくて病院で検査したら肝炎でしたから・・・
心配よりも検査し養生ですからね!

まずは病院に行く前に自宅で分かる方法があればと思うあなたには、
また忙しいあなたには郵送検診がおススメです!

 
ラベル:初期病状
posted by midoru at 01:07| Comment(0) | TrackBack(6) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓が悪くなると手のひらが赤くなる?

テレビの番組で、
「肝臓が悪くなると、手のひらが赤くなるので、
 赤くなっている人はすぐ病院で検査をした方が良いですよ」
と言っていました。

Eさんの奥さんがテレビの番組を見て、
「主人の手の平も、確か片方だけ赤くなっていた様な?」と思い、
その日の夕方、手の平を見せて貰いました。

すると、
ナント両方の手の平の一部が(小指側の膨らんでいる所)
赤くなっていたので、
もうビックリ仰天!

急いで病院に行き、検査をして貰ったのですが
「心配無し」と言う結果でした。

でも、
主人の母が肝臓がんで亡くなっていて、
亡くなった母の手の平は、両手とも真っ赤になっているので、
どうしても病院の結果に納得出来ません!

結婚当初は、
赤くなっていたのは片方だけだったのが、
十数年後に両方赤くなると言う事は、
さらに肝臓が悪くなったのではないかと心配されていましたが・・・

病気を扱うテレビ番組は、
本来全体的に捉えればならないのに、
ある一面だけにスポットを当て視聴者を不安にさせますが、

肝臓による手の赤みは、
非常に特徴的で、医師が見ればすぐわかります。

しかし、
肝臓がん全てで赤くなるわけでなく、
また
個人差も大きいのでそれで診断するわけでなく、
ましてやその深刻度を測るのは不可能ですし、
愚の骨頂ですね。

肝臓がんはB型肝炎かC型肝炎がほとんどです。
そのためのウイルス検査は一昔前と比較し非常に正確になりました。
肝臓の状態を見る血液検査も同様です。

このご主人が他の症状がなく、
検査に異常がないのなら、
手の赤みだけで肝臓がん病状と疑うのは無理があります。

肝臓がんになった人は、
みんな赤くなるものだと思っていました。

テレビ番組をうのみにして、
不安になりすぎたみたいですね。


●テレビで話題のウコン(ターメリック)のサプリってご存知ですか?
     ↓
 
posted by midoru at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓がん病状は血液検査でわかるか?

肝臓が正常に働いてるかは、
血液検査でわかりますし、
血液検査で肝臓ガン病状の疑いもみつけられます。


血液検査で値が標準値外のものは検査後にお医者様から指摘があり、
問題があれば精密検査するよう言われます。
 
あなたが、
お酒やタバコは飲んでなくて、
もし、
肝臓機能が低下しているようなら 
薬の副作用と考えてよいと思います。
薬の常用は肝臓に負担がかかる事にはやむを得ないのです。

血液検査以外の検査は、
血液検査で異常があった場合に受ければ良いということで、
とりあえずは血液検査だけ受けておけば良さそうですね。

でも、
血液検査だけでとりあえずは問題ないが、
あえてほかにも検査するなら超音波検査という検査もあります。

内科で十分問題はないですが、
病院によっては肝臓科もあるようです。
肝臓を診てもらうには、
肝臓科はより専門的で良いかなと思います。

また、
どのような薬を飲んでいるのか、
誰が処方しているのかによっては、
処方している医師のところで検査を受けるのが良いと思います。

薬を処方してもらっている医師のところで検査を受けられれば
特に症状がなくても検査費用は保険適用になります。

薬剤性肝障害の疑いがあるという「病名」が付きますので、
保険診療が可能です。

そうでない場合、
肝臓がんの病状などなんらかの異常がなくて、
血液検査を目的とする受診であれば、

原則的には保険がききませんので、
全額自費(十割負担)で行うことになります。

ちなみにどのくらいかかるかというと、
ドックと同じことになりますから、

自身の希望で血液検査をするという扱いで、
初診料、外来加算、血液検査などなどで
1万円くらいはいくかもしれません。

それから、
血液検査はどこの病院・診療科で受けても、
検査項目など内容は同じなのかという疑問がわきますが、

普通に血液検査が出来る病院(精度管理がされている)であれば、
病院や診療科の間で差はないようです。

検査項目は病院間で差はあるとしても、
肝機能を調べるくらいのものであれば、
問題となる差はありませんが、

検査結果を解釈する際には、
医師の経験や知識が重要となるかもしれませんね。

検査項目など、
病院や診療科による差がほとんどないのであれば

薬を処方している病院で受けたほうが
保険適用になるのでその方が良いですね。


この全国優良病院ランキング は役に立つかも!
  
  
posted by midoru at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓を強化する方法はあるか?

酒を飲まない人でも肝臓病の人が多いと聞きます。
肝臓を痛める原因とは酒、過労、ストレス以外に
あなたは何が考えられますか?
また、
肝臓強化法があると思いますか?

肝臓を強化する方法かどうかわかりませんが、
わたしの友人が油物を食べたりお酒を飲むと肝臓に負担が掛かって、
体中に発疹が出たり胆汁不足で痔になったりしていましたが、

肝臓が悪くなって病院で薬をもらっていましたが、
病状を抑えるだけで良くなる事はなかったので、

毎日野菜ジュース(1日500ml程度)をゆっくりと飲んで・・・
という生活をしていたら1年少しで回復しました。

B型肝炎を患っているHさんは、
先天性のものです。
つまり、
キャリアの母から受け継ぎました。

母は、母の父(私の祖父)から受け継ぎました。
祖父は、輸血によって感染しました。

母は、ごくまれな例なのですが、
B型肝炎もC型肝炎も持っているのですが、

自分の中で抗体を作り上げてしまい、
なんの治療もせずに、完治してしまいました。
Hさんは、現在も通院中です。

また、
お酒を飲まない人でも肝臓病にはなりますね。

例えば、
脂肪肝。
これは肝臓がフォアグラ状態になってしまうのです。
食べ過ぎ、太りすぎが原因です。

また、
ウイルス性肝炎はウイルス性なので、
感染する要因があれば肝臓病になる事は十分考えられます。

一口に肝臓病といっても、
ウイルス性、非ウイルス性があり、
ストレス、過労も関係してきますし、
普段の食生活からも患ってしまいます。

また、
肝臓は沈黙の臓器といわれ、
自覚症状が出てきたときは、既に遅い場合が多いのです。
ギリギリまでがんばってくれる肝臓のSOSを
どうやって聞いてあげるかが課題です。

さて、
肝臓強化法というほどでもないですが、
私が実践しているもの、本で読んだものを紹介します。

いろいろ書物も出ていますし、
お医者様に相談するのもいい方法だと思います。

・食生活を整える。
 (炭水化物、たんぱく質、ビタミンをしっかり取り、脂肪、
  糖分を取り過ぎない)

・睡眠をとる

・ストレスをためない

・タバコは吸わない
 (もともと私は嫌いなので)

・お酒は控える
 (というか、お酒が嫌いなので苦にはなりませんでした(笑))

・軽く運動をする

要は規則正しい生活を送ることだと思います。

肝臓病には色々種類がありますので、
それぞれについての質問がありましたら、お答えしたいと思います。

それからこんな方もおられます。
その方も肝臓が弱く、
ワインをボイルしてアルコール分を完璧に焼いて飲み、
毎日、焼きりんごを1個食べているそうです。

こんなことでも肝臓にいいのでしょうか?

あなたの肝臓強化法も教えてくださいね。

参考にこんな本がありました。

150日間肝臓強化法
DNAレベルからの肝臓強化法
肝臓にぐぐっと効く本
ラベル:強化
posted by midoru at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓によい食べ物とは?

あなたの肝臓で機能が低下している場合、
何か肝臓によい食べ物で改善することはできるでしょうか?

昔から、よく患っているところと同じ部分、
例えば
肝臓ならレバーを食べるとよいとあなたも聞きませんか?

さすがにレバーはしょっちゅう食べることはできませんので、
他に肝臓によいものがあればと調べてみると・・・

ありました!
「しじみ」がいいそうです。

このしじみは味噌汁がいいですね。
(ただし、塩分を取り過ぎないようにご注意を)

ただ、
しじみに関してこんな意見もあります。
しじみに比較的多く含まれている鉄分が問題になるということ。

肝障害がある場合、
過剰の鉄が肝臓に蓄積されて
病態が悪化するということがわかってきたそうです。

その為、
肝炎の食事療法では鉄分の摂取量を制限します。

ですから、
レバー、牛肉、赤身の魚、豆類などの
鉄分が多く含まれる食品は、
控えるように勧められています。

しじみは一度に大した量を食べるわけではありませんので、
おそらくたまに食べるくらいで問題になるようなことは
ないと思います。

だだし、
おっしゃるように肝臓によい食物との通説が
広まっておりますので、
誤って積極的にたくさん食べることが
ないように注意されているのでしょう。

昔、
例えば江戸時代の栄養状態は、
現代に比べるとかなり劣ったものでした。

庶民にとっての良質な蛋白源といえば、
どじょうとしじみ位のものだったのでしょう。

そんな背景から、
ビタミンなども比較的多く含むしじみが、
肝臓病に良いとの通説ができたのではないでしょうか?

一方で、
現在は蛋白源などしじみに頼らなくても、
他にいくらでもあります。
肝臓病へのしじみの役割は終わった、と言うことなのでしょう。

季節の食材としてテレビで紹介してました、
コラーゲンとかオルニチンが体に良いのだそうです。

しじみ、アサリなどオススメですが、
同じものを続けて食べるのも大変だと思いますので・・・

あと、
やはり肝臓病の治療食という本が何種類か出ていますので、
それを参考にされる事をオススメします。

へんに粒ウコンなどのサプリメントで摂取しようとは考えずに、
自然のものからの摂取を心がけましょうね。

食べ物ではないですが、
お近くの漢方薬局に相談されてみてはどうでしょう?

私も、
肝機能が落ちていたとき、
一ヶ月くらいの漢方薬の服用で正常に戻りました。

味も、その人にあっているものなら、
おいしいと感じるそうですよ。


ラベル:食べ物
posted by midoru at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓の活動に必要な栄養

あなたは肝臓が働くのに必要な栄養はどんなものか?
どういう食べ物から取れるか?
ご存知ですか?

やはり、
普通のバランスの取れた三度の規則正しい食事が一番ですね。
貝類は肝臓にいいといわれております。(しじみ?)

そして、
健康食品などに偏ってしまう人がいますが、
偏った食生活がバランスを崩します。
添加剤なども他より多く摂ってしまいますので注意してくださいね。

確か7〜8年前の事だと思いますが、
みのもんたさんが出演しているお昼の番組で、
肝臓が健康に機能するためには適度な糖分が必要だという事が、
研究している医師によって紹介されていました。

肝臓に何かしら問題のある方は(太っているなど)
糖分をカットしがちですが、
あまりにカットしすぎると肝臓の機能に良くないそうです。

そこで紹介されていた摂取法は甘いものを食べるのではなく、
料理の中に使って取るというものでした。

たとえば
玉子焼き、煮物、和え物などです。
正確な摂取量は覚えてませんが・・・

あなたもご存知と思いますが、
筋肉も内臓も、その素材はタンパク質です。

まして肝臓は解毒などで酷使される器官ですから、
良質の肉、魚、豆類、乳製品など複数の食品からタンパク質を
しっかり摂った方が良いです。

あとは、
ビタミンB群をはじめとした
各種ビタミン・ミネラルも摂取することが必要です。

例えば、
ビタミンAなら肝細胞の保護、
ビタミンCなら解毒作用の強化や肝炎防止などの効果があるし、
亜鉛やセレンなどのミネラルは肝細胞の正常な代謝に関係します。

また、
炭水化物が不足すると、
肝臓内にためられたグリコーゲンが使用されるので、
それを補うために糖新生という筋肉分解作用が起きやすくなり、
結果として間接的に肝臓に影響を与えることになります。

ですので、
どんな食品でもそれなりに重要なので、
好き嫌いせずに普通の食事を摂ることが
一番大切ということになります。

塩分・脂質、アルコールの摂りすぎや不規則な食事を避けて、
腹八分の規則正しい食事を摂るようにしてくださいね。

やっぱり、
タンパク質はしっかり摂らないといけないんですね。
ビタミンや炭水化物も必要のようで
やっぱりいろいろなものを食べないと
肝臓だけでなく体中を維持できないんですね!

この本はおススメです。
    ↓
 
posted by midoru at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニコチンと肝臓

肝臓って解毒の働きをするのは、
あなたもご存知と思いますが、
アルコールや、その他薬物を無害化するという働きがあります。

それでは、
タバコを吸う方の、
ニコチンも薬物である以上肝臓で処理されると思いますか?

すると、
タバコ吸いすぎの人も、
肝臓悪くなったりするのだろうか?

これは、
私も喫煙しますがニコチンの害も肝臓で処理されますが、
裏を返せば肝臓にも煙草は悪影響をもたらします。

あなたもご存知かも知れませんが、
副流煙(煙草の先から出る煙)に含まれる
ニトロサミンの方が有害で、
周囲の方へも肝臓や肺へ悪影響を及ぼす事も有名です。

禁煙が一番なのですが、
煙草の害を最小限に留めるには、
非喫煙者が周囲に1人でもいる限りは吸わない、
もしくは必ず断りを入れる。

禁煙者本人に関してはビタミンCを大量に摂取する事と、
「水」を腎臓がビックリする程(最低1日に2L)飲む事です。

ニコチンは水溶性ですし、
」が一番ニコチンの有害物質の解毒に効果があるそうですから。
サウナなども肺を綺麗にしてくれるそうです。

私もそうですが、
確かに禁煙したいけど、思うようには行かないですよね。
どうも自分の体は、自分の物ではないようで。

でも、
タバコを吸う以上は周りにも、
そして体にも出来るだけ影響を少なくしたいものですよね。


ラベル:ニコチン
posted by midoru at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓病の検査費用について

肝臓病の検査費用はどれぐらいかかるものでしょうか?

まず、
肝臓の検査といっても色々とあります。
最初は血液検査です。
正確には生化学検査といって肝臓に含まれるGOTやGPT,ガンマGTP,
ビリルビンなどの値を評価します。

GOT/GPTの比率やコレステロール等の高低を見て診断を行いますが、
値が高い場合には更に検査をします。
血液検査で更に肝臓にウイルスがいないか、
スクリーニング検査をする場合もあります。

そして、
血液検査だけでは確定できないので、
腹部超音波を行います。

特に苦痛は伴いません。

ジェルを塗って腹部にプローブを当てて肝臓の様子を見ます。
脂肪肝や腫瘍の有無などを調べます。

腫瘍等がエコーで異常がもし見つかった場合には,
更に詳しく調べるため腹部CTやMRIが行われます。

検査としてはこのように色々とありますが、
生化学検査だけであれば数千円です。

超音波をしてもそれほど高くなりません。

CTでは造影CTだと1万円くらい、

MRIも5千円〜1万円くらいになると思います。

どちらにしても検査時に苦痛になる検査は
あまり行わないと思います。

血液検査だけで診断が下ればいいですが、
確定診断のために最低でも腹部エコーはとると思います。

補足として
同じ血液検査なのに?と思われるかも知れませんが
同じ血をとっても何を調べるかで違ってきます。

一回に全てお願いします!と仮に言ったら結構の金額になります。
ですから
肝臓機能の部分を集中的にとかアレルギーの部分とか分けて
集中的に検査するわけです。

脂肪肝等は、問診表等で油っこいもの。
外食が多いアルコールを多く飲む等があれば疑われますので
エコーでの検査もあるかと思います。

そんなに費用がかからないみたいですので、
早めに肝臓の検査を受けましょうね。

もし、
病院がイヤなら自宅でもできる郵送検診セット
利用しましょうね。



posted by midoru at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

肝臓とアルコールの関係は?

肝臓はアルコールを優先的に分解しますが、
大量にアルコールを摂取した場合は
アルコールを全て分解するまで働き続けるのか疑問が湧きますね。

まず、
肝臓はアルコールを優先的に分解するというのは、
例えば肝臓にビタミンAとアルコールが共存する場合に、

アルコールの分解が全て終わるまではビタミンAの代謝が
全く行われないというのではなく、

アルコールが存在するとビタミンAの代謝速度が
遅くなるということです。

ですから、
通常のアルコール摂取においては、
ビタミンAの蓄積を考える必要はないと思います。

また、
大量にお酒を飲んだらビタミンAの代謝速度が
極めて遅くなって、
もしかしたら肝臓に蓄積するかもしれませんが、

肝臓には分解許容量があります。
その許容量を超えると肝機能に障害が現れます。
これはお酒に限らず薬などでも一緒です。

極端に分解許容量を超えた場合、
生命維持に問題が生じ、
絶命するでしょうね。
(急性アルコール中毒というやつです)

たとえば、
あなたが、工事現場で土砂を運搬するトラックに
最大積載量の100倍の土砂を
積み込んだらどうなるでしょうか?
もちろん壊れますよね。

それほど(生命維持が困難なほど)でない場合は、
やはり完全に分解分解するまで働きつづけます。

一説によると、
肝臓がアルコールを完全に分解するまでに
23時間かかるのだそうです。

だから、
毎日アルコールを摂取すると、
肝臓の休む時間がなくなってしまうため、
休肝日が必要なんですね。

現在は肝臓も週休2日が必要と言われていることは
よく聞かれると思います。

あなたがどうしても飲みたいというなら、
最近はノンアルコールのビールがありますから
これで我慢しましょうね。

ラベル:アルコール
posted by midoru at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓に負担のかからない食品とは?

高カロリー食品は食べると分解の際に肝臓に
負担がかかると聞きますが、
肝臓に負担のかからない食品とはどんなものがあるのでしょうか?

専門的なウンチクは別として、
実際、肝臓を患った方の食事を聞いてみると・・・。

Kさんは、身長180で、体重49キロまで、
落ちたことがあったそうです。
(肝臓の酵素の数値も上がっていました)

食べるのはかなりの苦労で、(消化能力も落ちてるから)
いろいろ試しましたが、
「高カロリー」などにこだわらず、好きなものを食べる
(量をたべなくてもいいから、一日に何度も食べるのがいいかと)

肝臓に負担が少ないものとしては、
果物系統、
低脂肪な蛋白(魚など)
まるでダイエット食みたいですが・・。

これとの違いは、
お米やパンなどの炭水化物をしっかり
食べるということです。

一回でどんぶりご飯は無理なので、
おにぎりにして、
一日に何度も食べるといいです。

ある程度体力が戻ればあとは消化能力も戻ってきますから、
通常に食べれば、
普通に健康に太ってこれる
(肝臓の数値もよくなる)と思いますよ。

それから、
もしあなたが肝臓病で教科書どおり悪化の道を
たどっているならば、

高カロリーと言っても闇雲に食べては肥満になるし、
肝臓にも脂肪がたまってしまう脂肪肝となってしまいます。

過度の肥満は肝臓に直接・間接的に負担となります。

基本的には元気な方は高カロリー・高タンパク・低脂肪の
食事が基本です。

あくまで症状のない状態ですが、
質の良いたんぱく質を摂取するのは大事な事です。

ですから、
特に症状がなければあまり脂っこくない食事を適当な量、
ある程度運動もしていれば良いようです。

肝臓ではアルブミンというタンパク質が少なくなると
起こりますから、
普段の食生活と、運動の総決算と言うのが肝臓の病気です。
(もちろんそれ以外でなる方もいますが)

規則正しい食生活・運動・休養の成績でもあると思います。
とはいえ一度チェックされた身です。
これからも自分の判断に頼らず定期的に受診をしてください。

また自宅でチェックする郵送検診セットみたいなものも
ありますから結構皆さん利用されています。

病気になるのは運だけじゃなく、
その人の生き方によるものが大きいです。
と最近思ってます。



ラベル:負担 食品
posted by midoru at 07:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓強化のためのサプリ摂取法とは?

サプリ摂取法と肝臓についてのアドバイスは、

まず、
肝臓のためを思うなら,良質たんぱく質の食品が一番です.
サプリ類は添加物のかたまりです。

得たいのしれない添加物がてんこ盛りですから肝臓が
分解するのに音を上げます。
食品からの栄養が一番です。

肝機能を改善するらくらくレシピ」とかの
肝臓の治療食の本が一番参考になります。

サプリメントはあくまで補助食品ですから、
本気でなんとかしたいと思うのであれば、
安易にサプリに頼るよりも食品を改めるほうが先だと思います。
なにより安くあがりますよ。

また、
あなたにニキビや吹き出物が出ている場合、
これは、過重労働、心労などのストレスで交感神経が極度に
緊張すると出来やすくなります。

顆粒球の増多を招き常在菌に反応して化膿性の炎症を
引き起こすからです。

ニキビの白い膿みは顆粒球の戦った後の死骸です。
いったん治っても同じような生活をしていたら
またできるのは当然です。

脅かすようですが、
本当は肝臓をはじめ全身が疲弊してるのですよ。

それがあなたの一番弱いところにまずニキビという
かたちで出てるだけです。
肝水解物の入った栄養剤などいいかもしれません。

それから、
睡眠時間も大切です。
ストレスも悪いです。
リラックス、リラックスしましょうね。
粗食、菜食主義も肝臓に悪いです。

私の知っている限りの肝臓に良いものは・・・。

ビタミンC、これは大切です。

亜鉛これも大切です。

酢の物も肝臓に良いし。

肝臓には肝臓ですので、レバーなんとかという栄養素もいいと思います。

牡蠣なんかも、アミノ酸も入っていて、亜鉛も多いし、
タウリンも入っていますので、
牡蠣肉エキスのような補助食品もいいと思います。

よく言われるウコンもいいでしょう。

高麗人参なんかも自律神経系のバランスをとって副交感神経系を
高めてくれますので、肝臓にいいと思います。

食いしん坊なのであれこれ作って食していますが、
肝臓によいレバーは見た目からあまり手を出さなかった食材です。

これからは積極的に食べようと思いまし、
牡蠣肉エキスも調べてみようと思います。





posted by midoru at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝臓にいい食品・レシピとは?

肝臓にいい食品・レシピ、色々あると思いますが、
特におススメは?


あなたも実行していると思いますが、
ウコン」と「しじみ」は肝臓に良い食材として有名ですよね!

その他にも
人参(肝臓を浄化して毒物を排除する働きがある)
玉ねぎ(肝臓強化)
もやし(肝臓の毒物を除き、疲労回復に効果あり)
があるそうです。

肝臓は体に入ってきた毒物を浄化するはたらきがありますので
お酒だけではなく、甘いもの、化学調味料(化学物質)、
動物性たんぱく質も影響します。


また、酒飲みの方はしじみかな?
昔の人は、成分も知らないのに体に良い物を知っています。
しじみの代表的成分に「タウリン」がありますが、
この成分が肝臓の働きを良くするようです。

魚介類等に多く、貝類、たこ、いか、等が代表的です。

健康食品でもタウリン配合の物が多いのですが、
添加物等が入っていては逆効果になる可能性がありますので注意してください。

肝臓は、解毒作用が高いので(体の科学工場です)
普段の食事で体に良くないと言われる物を避けるだけでも効果的です。
(お酒の飲みすぎも注意、休肝日も必要)


posted by midoru at 00:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。