2007年08月31日

肝臓に負担のかからない食品とは?

高カロリー食品は食べると分解の際に肝臓に
負担がかかると聞きますが、
肝臓に負担のかからない食品とはどんなものがあるのでしょうか?

専門的なウンチクは別として、
実際、肝臓を患った方の食事を聞いてみると・・・。

Kさんは、身長180で、体重49キロまで、
落ちたことがあったそうです。
(肝臓の酵素の数値も上がっていました)

食べるのはかなりの苦労で、(消化能力も落ちてるから)
いろいろ試しましたが、
「高カロリー」などにこだわらず、好きなものを食べる
(量をたべなくてもいいから、一日に何度も食べるのがいいかと)

肝臓に負担が少ないものとしては、
果物系統、
低脂肪な蛋白(魚など)
まるでダイエット食みたいですが・・。

これとの違いは、
お米やパンなどの炭水化物をしっかり
食べるということです。

一回でどんぶりご飯は無理なので、
おにぎりにして、
一日に何度も食べるといいです。

ある程度体力が戻ればあとは消化能力も戻ってきますから、
通常に食べれば、
普通に健康に太ってこれる
(肝臓の数値もよくなる)と思いますよ。

それから、
もしあなたが肝臓病で教科書どおり悪化の道を
たどっているならば、

高カロリーと言っても闇雲に食べては肥満になるし、
肝臓にも脂肪がたまってしまう脂肪肝となってしまいます。

過度の肥満は肝臓に直接・間接的に負担となります。

基本的には元気な方は高カロリー・高タンパク・低脂肪の
食事が基本です。

あくまで症状のない状態ですが、
質の良いたんぱく質を摂取するのは大事な事です。

ですから、
特に症状がなければあまり脂っこくない食事を適当な量、
ある程度運動もしていれば良いようです。

肝臓ではアルブミンというタンパク質が少なくなると
起こりますから、
普段の食生活と、運動の総決算と言うのが肝臓の病気です。
(もちろんそれ以外でなる方もいますが)

規則正しい食生活・運動・休養の成績でもあると思います。
とはいえ一度チェックされた身です。
これからも自分の判断に頼らず定期的に受診をしてください。

また自宅でチェックする郵送検診セットみたいなものも
ありますから結構皆さん利用されています。

病気になるのは運だけじゃなく、
その人の生き方によるものが大きいです。
と最近思ってます。



タグ:負担 食品
posted by midoru at 07:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53366370

この記事へのトラックバック


Excerpt: 000。血清中には多くのタンパク質が存在するが、アルブミンはその約50〜65%を占める。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikiped..
Weblog: 体が元気になるならない物質
Tracked: 2007-10-07 06:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。