2007年09月01日

肝臓によい食べ物とは?

あなたの肝臓で機能が低下している場合、
何か肝臓によい食べ物で改善することはできるでしょうか?

昔から、よく患っているところと同じ部分、
例えば
肝臓ならレバーを食べるとよいとあなたも聞きませんか?

さすがにレバーはしょっちゅう食べることはできませんので、
他に肝臓によいものがあればと調べてみると・・・

ありました!
「しじみ」がいいそうです。

このしじみは味噌汁がいいですね。
(ただし、塩分を取り過ぎないようにご注意を)

ただ、
しじみに関してこんな意見もあります。
しじみに比較的多く含まれている鉄分が問題になるということ。

肝障害がある場合、
過剰の鉄が肝臓に蓄積されて
病態が悪化するということがわかってきたそうです。

その為、
肝炎の食事療法では鉄分の摂取量を制限します。

ですから、
レバー、牛肉、赤身の魚、豆類などの
鉄分が多く含まれる食品は、
控えるように勧められています。

しじみは一度に大した量を食べるわけではありませんので、
おそらくたまに食べるくらいで問題になるようなことは
ないと思います。

だだし、
おっしゃるように肝臓によい食物との通説が
広まっておりますので、
誤って積極的にたくさん食べることが
ないように注意されているのでしょう。

昔、
例えば江戸時代の栄養状態は、
現代に比べるとかなり劣ったものでした。

庶民にとっての良質な蛋白源といえば、
どじょうとしじみ位のものだったのでしょう。

そんな背景から、
ビタミンなども比較的多く含むしじみが、
肝臓病に良いとの通説ができたのではないでしょうか?

一方で、
現在は蛋白源などしじみに頼らなくても、
他にいくらでもあります。
肝臓病へのしじみの役割は終わった、と言うことなのでしょう。

季節の食材としてテレビで紹介してました、
コラーゲンとかオルニチンが体に良いのだそうです。

しじみ、アサリなどオススメですが、
同じものを続けて食べるのも大変だと思いますので・・・

あと、
やはり肝臓病の治療食という本が何種類か出ていますので、
それを参考にされる事をオススメします。

へんに粒ウコンなどのサプリメントで摂取しようとは考えずに、
自然のものからの摂取を心がけましょうね。

食べ物ではないですが、
お近くの漢方薬局に相談されてみてはどうでしょう?

私も、
肝機能が落ちていたとき、
一ヶ月くらいの漢方薬の服用で正常に戻りました。

味も、その人にあっているものなら、
おいしいと感じるそうですよ。


ラベル:食べ物
posted by midoru at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。