2007年09月01日

肝臓が悪くなると手のひらが赤くなる?

テレビの番組で、
「肝臓が悪くなると、手のひらが赤くなるので、
 赤くなっている人はすぐ病院で検査をした方が良いですよ」
と言っていました。

Eさんの奥さんがテレビの番組を見て、
「主人の手の平も、確か片方だけ赤くなっていた様な?」と思い、
その日の夕方、手の平を見せて貰いました。

すると、
ナント両方の手の平の一部が(小指側の膨らんでいる所)
赤くなっていたので、
もうビックリ仰天!

急いで病院に行き、検査をして貰ったのですが
「心配無し」と言う結果でした。

でも、
主人の母が肝臓がんで亡くなっていて、
亡くなった母の手の平は、両手とも真っ赤になっているので、
どうしても病院の結果に納得出来ません!

結婚当初は、
赤くなっていたのは片方だけだったのが、
十数年後に両方赤くなると言う事は、
さらに肝臓が悪くなったのではないかと心配されていましたが・・・

病気を扱うテレビ番組は、
本来全体的に捉えればならないのに、
ある一面だけにスポットを当て視聴者を不安にさせますが、

肝臓による手の赤みは、
非常に特徴的で、医師が見ればすぐわかります。

しかし、
肝臓がん全てで赤くなるわけでなく、
また
個人差も大きいのでそれで診断するわけでなく、
ましてやその深刻度を測るのは不可能ですし、
愚の骨頂ですね。

肝臓がんはB型肝炎かC型肝炎がほとんどです。
そのためのウイルス検査は一昔前と比較し非常に正確になりました。
肝臓の状態を見る血液検査も同様です。

このご主人が他の症状がなく、
検査に異常がないのなら、
手の赤みだけで肝臓がん病状と疑うのは無理があります。

肝臓がんになった人は、
みんな赤くなるものだと思っていました。

テレビ番組をうのみにして、
不安になりすぎたみたいですね。


●テレビで話題のウコン(ターメリック)のサプリってご存知ですか?
     ↓
 
posted by midoru at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓がん病状:不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53466447

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。